読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者が挑むプランター野菜日記

100円ショップではじめるベランダ菜園

【プランター】ナスの栽培日記 一番花が落ちてしまったその理由

この記事でナスの苗をプランターに植え替えたと書いた。
vegetable-garden.hatenablog.com

記事の最後に一番花を温存するか摘んでしまうか悩んでいるとも書いた。


今朝起きてナスを見てみると一番花が落ちていた。

きれいな紫色の花が
ナス一番花:pain


落ちちゃった
ナス一番花
一番花をきっちり着果させることで「なりクセ」をつけることができ、その後の収穫量が増えるという説と、あえて一番花を摘んでしまうことでナスの苗に危機感を憶えさせ成長を促し、結果的に収穫量が増えるという説がある。

この相反する2つの説をいろいろ読んでみたりして、自分なりに「一番花を摘んでしまう」という方法に傾きつつあったわけだが、ナスの苗は自ら一番花を落としてしまった。
ナス一番花

一番花が落ちてしまう理由として考えられるのは以下の3つ

1.水不足
2.日照不足
3.急激な気温の低下

私の環境下だと1の水不足は無い。
毎日観察して水やりを怠るようなことはなかったので水不足が原因とは考えられない。

2の日照不足は多少心当たりはある。
ベランダで栽培しているので、日の出から昼2時くらいまでは日光が当たるが、それ以降は建物自体が影になって直射日光は当たらない。
つまり夕方の西日が全く入らない場所でナスを育てているから、日照不足と言われたら確かにあるかもしれない。
ただ同じベランダで去年ミニトマトを育てたが特に日照不足による障害などは出なかったから、同じ科であるナスもいけるだろうと素人ながらに考えていた。
ナスは日光が好きだというのは知っていたけれど、それはトマトと同程度という認識だったから、もしトマトとは比較にならないくらい日光が必要ということになると、私の家のベランダではもうどうしようもない。


とりあえず現時点で私が考えている落花の原因は3の気温低下だと思っている。
というのは一昨日までは「夏かな?」と勘違いするくらいの暑い日が続いていたのに、昨日の夜から急激に気温が下がって、さらに冷たい雨が一晩中降ったからだ。
それで気になって朝イチでベランダに見に行ったのだが危惧したとおり一番花が落ちていた。


どのみちこの一番花は摘んでしまう腹積もりだったけれど、ナスが自ら落としたとなるとやはり不安が残る。
ものの本には、一番花や二番花が落ちてしまっても問題ないとも書かれているし、5月の初旬は気温が安定しないからそういうケースも多々あると書いてあったので、一応は安心しているけれど今後どうなるかはまだわからない。

もし落花の原因が気温の低下ではなくて日照不足に起因するなら、おそらく今回のナス栽培は相当厳しい結果になる。

ナスの記事一覧はこちら
ナス栽培日記 カテゴリーの記事一覧 - 初心者が挑むプランター野菜日記